『猫映チャンピオンまつり第6弾』
子連れ怪猫オヤコドン
ポスター画像『子連れ怪猫オヤコドン』
大判画像はこちら
  
物 語
 無限に広がる大宇宙。それは生命を育む優しき母であり、わが子に試練を与える厳しき父でもあった。その試練のひとつが、遠くの星を飲み込んだことを、まだ惑星「肉球」の猫たちは誰も知らなかった。

 初夏の長雨が小休止した星空のある夜、ドンブリ座方向から流星雨が降った。観測した科学者のカツ博士は、ドンブリ座の消滅という異常現象と、謎の通信電波を捉える。

 翌朝・・・星消滅の原因がブラックホールを胃袋とする暗黒怪猫である事実に直面した博士は、もはや現実逃避の毛繕いで忙しい。

 その頃、仔猫たちが埋立地で石の卵を発見し、学校の理科室に運び込んだ。担任テン先生の制止も効かず、匂いを嗅いだり、猫パンチをくれたり。

「これ、夕べの流れ星じゃニャイ?」

さすが学級委員長のモエは冷静だ。その時、卵からドンブリをかぶった珍妙な仔猫が生まれた!

 「ドン太」と命名された仔猫は、すぐに教室いっぱいに成長し、母代りのモエの頭に直接、拙い言葉が響く。

(パパ、ムカエ、クル。クロイ、オバケモ、クル。ミンナ、アブニャイ)

 テレバシーだと気付いたモエは、テン先生と共に『防衛軍提供こねこ電話相談室』へ電話をかける。だが、発見時から狙っていた興行師テンシンが、マタタビでドン太を誘い出し、巨大ヘリで連れ去ってしまった。

 オート三輪で追跡するテン先生とモエ。そしてカーラジオから流れる臨時ニュース。オカモチを持った怪猫オヤコドン出現・・・遂にパパが来た!

 モエは、ドン太を無事にパパ怪猫に返せるか?
 そして迫り来る暗黒怪猫への対抗策は?
 親子の絆と宇宙愛をかけた戦いが今始まる・・・
 
スタッフ&キャスト
監督: 葉月奨
製作: 曽根麻矢
脚本: 曽根麻矢/葉月奨
特撮: 宝田米次
音楽: 井福辺アキニャン
出演: 曾根田スズ
松岡タロ
中元モー
田中ごま
   
     
     
戻る

COPYLIGHT(C) 2004-2006 SHO HADZUKI, ALL RIGHTS RESERVED.

当ブースに掲載されている作品はフリーデータではありません。
ダウンロードした作品の無断複製、無断転載、二次配布、およびデータ自身への無断リンクは御遠慮下さい。